~ 被害者参加制度を利用した訳 3 ~

加害者が自宅に来てから、6日後の1月18日・・・

長野日報に有限会社「フレイシア」の求人広告が掲載されていました。

しかも、問い合わせ先担当が、加害者の"中沢"になっています。

事故後、私は仕事も手につかず、眠れない毎日を過ごし、

秀輔のいない毎日に苦しみ喘いでいるのに・・・

加害者は、事故後も平気で、車を運転し、会社を営業しています。

秀輔を死なせてしまったという反省は全く見られません。

安全に注意せず、運転をしていたと反省し、秀輔に謝って欲しい・・・

秀輔を奪っていながら、何もなかった事のように生活できるなんて・・・

私達家族の悔しさ、寂しさ、切なさはどこへぶつければいいのでしょうか?

気持ちのやり場がありません。

1月18日の長野日報 求人広告

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)