~ 卒業前の夏 ~

秀輔の友が、社会に巣立つ前の最後の夏を迎えている。

野球に、ボートに、秀輔と共にあの輝いた時間を過ごした仲間。

一人、一人自分の行く先を決め、春に向けて巣立つ準備をしている。

私はあの事故からまる5年。

自分の時を止め、家族の時を止め、

気を紛らわせるように仕事をして、生活している。

秀輔の友が社会人となり、社会に巣立って行く時を見つめている。

秀輔の思いを抱いた仲間が社会人となる事は、とてもうれしい。

でも、その中に秀輔の姿を見る事が出来ない私は、

この上なく寂しく、切ない。

事故を起こした、加害者 有限会社フレイシア 中澤清憲 社長が

会社を閉めたと聞いた。

この諏訪を離れたとも聞いた。

社員を人間として尊重しようとせず、

言いがかりをつけては罵声をあびせ、

給料もきちんと払わず、

多くの元社員の方々に多大な迷惑をかけ、

裁判で訴えられ、敗訴もしていると聞いている。

いったいどこに事故を起こしたことに対する反省があるのか?

何も変わっていない。

結局、本人の反省もなく、

私達家族に対する謝罪もなく、保険会社にただこの一件を任せ、

自分をリセットするかのように、消えて行った。

加害者は最後まで誠実な態度を示すことはなかった。

今年の12月には、秀輔の7回忌が来る。

寂しくて、辛い思いはまったく変わらない。

被害者である私達家族はリセットなんて出来ない。

これからも、生涯秀輔のことを考え、思い続ける

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)