~ 成人式を迎えて ~

2013年1月13日 空はきれいに澄み切った晴天でした。

ピシッとしたスーツに身を包んだ青年達。

色とりどりに着飾った娘さん達。

秀輔と、共に学び、共に遊び、共に笑いあった仲間が成人式を迎えました。

正直、この中に秀輔の姿が見えない事が、辛く、悲しくて仕方ありません。

本来なら、今日この日私たちは、

秀輔の友達の親御さんと成人式を迎える事を喜びあい、

互いの息子や、娘に未来へ向けてのエールを送りあうべき日でした。

私達の時間は4年前の年末から止まったままです。

秀輔も16歳のまま、止まってしまいました。

秀輔の仲間は、年末から、年始、そして成人式の日も、

秀輔を変わらぬ仲間として大切にしてくれています。

わざわざ我が家にたくさんの友人が、秀輔に声をかけに来てくれました。

彼らの友情の厚さが本当に胸に染み入り、感謝に絶えません。

秀輔がいない寂しさは辛く、苦しいのですが、

秀輔を偲んでくれる友人達がこんなにもいる事に

親として喜ばずにはいられません。

息子秀輔は、16年という短い人生でしたが、

これ程得難い友人をこんなにもたくさん得ていたんだ・・・。

秀輔はわずか16年でしたが、男として立派に成長していたんだと誇りに思います。

 

秀輔を偲んで集まって下さった皆さん。

ご成人本当におめでとうございます。

これから先も、秀輔を思い出して頂けると幸いです。

皆様のご厚情、秀輔共々決して忘れません。

皆様のこれからのご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)