~ 命日にて ~

2010年12月29日 秀輔の2回目の命日が来ました。

失ってから、どんなに秀輔が愛しくて、大切な人であったか・・・

今だに寂しく、辛い日々を送っています。

秀輔の友人は今大学受験の真っただ中にいます。

その秀輔の友人が、この心身共に忙しい中、

秀輔のために自宅に来てくれました。

野球の友、学校の友、端艇部の友・・・

私と同じ気持ちでこの2年を過ごしてくれていた秀輔の友人。

どんなに忙しくても、秀輔のために集まってくれた18人もの友。

親として、私は、こんなに秀輔を大事に思ってくれる友を持った

秀輔がとても誇らしい。うれしい。

この素晴らしい友の中に、あの輝いていた秀輔の姿が

見えない。声が聞こえない。

いつまでたっても寂しさは消えません。

秀輔をずっと思っていてくれてありがとう。

願わくば、これからもずっと秀輔を胸の奥においたまま、

みんなの夢を叶えていって欲しい。

私はこれからもこの秀輔の大切な友の活躍を見守っていきたい。

彼らが秀輔の事を忘れず、

毎年自宅に来てくれるように願っています。

 

年末の忙しい中、お越し頂いた皆様、

本当にありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)