~ 民事裁判・判決を前に ~

加害者である中澤清憲被告及び(有)フレイシアに対して起した

民事裁判が,昨年11月末に始まって以来,1年が経とうとしています。

加害者の中澤被告には被害者とその家族の

悔しさ、寂しさ、苦しさをまったく理解してもらえないまま、

民事裁判の判決が12月22日に出ます。

心からの反省も、誠意ある謝罪もまったくしないまま

被害者家族にまだムチ打つように、

判決前に又求人広告を掲載しています。(平成22年12月12日 長野日報)

風のうわさで聞こえてくる加害者のうわさ、

なぜひとりの人間として、自分の罪に向き合わないのか?

なぜ自分で誓った言葉に、責任もって行動しないのか?

中澤被告には本当に憎しみが募ります。

中澤被告が亡くなった秀輔とその家族の苦しさ、悲しさ、無念さを

心の底から理解し、反省するまで、

今度の民事裁判でどのような結果が出ようとも、

私は秀輔の名誉を守るために、頑張りつづけます。

民事裁判結審後に掲載された広告

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)