~ 父を亡くして ~

7月31日午前5時17分

秀輔の祖父・・・私の父親が82才で他界しました。

秀輔を亡くして1年と半年。

この短い間に2度も喪主を務めることになってしまいました。

それも息子と父親の・・・。

父は秀輔を失って以来、精神的に大きく落ち込んでしまい、

ほとんど毎日泣いている日が続いていました。

秀輔がいない事を嘆き、

何故、自分が身代りになってやれなかったかと悔やみ、

まともに謝罪せず、民事裁判にも出席しない加害者を最後の最後まで恨み続け、

ロウソクの火が消えるように、静かに命の灯を消してしまいました。

父が生きている間に、加害者にきちんと謝罪させる事が出来なかった・・・

民事裁判がきちんと決着がつくまで生きていて欲しかった。

反省もせず、誠意ある謝罪もなく、

刑事裁判以降まったく連絡すらよこさず、

私たち遺族を無視する加害者への憎しみが一層募ります。

この短期間に大事な人を2人も失う・・・このように辛く、寂しいことはありません。

何とか2人の無念を早く晴らせてあげたい。

民事裁判は8月25日に第4回目を迎えます・・・。

 

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)