~ 3回目の命日 ~

また、命日を向かえてしまいました。

秀輔と話す事も、姿を見ることも出来なくなって丸3年です。

私達は秀輔の育って行く日々を、ただ当たり前の事と信じて疑わなかった日々。

この喪失感は埋める事ができません。

先日ブログで悔しい思いを綴ったばかりです。

加害者の(有)フレイシア 中澤清憲社長から、

昨日供物が一方的に宅配で送られてきました。

本当に気持ちがあるのなら、自らが来宅するのが、

本当の姿であると思います。

私達は供物を要求しているのではないのです。

真摯な謝罪と反省を求めているのです。

物だけを一方的に送りつけ、

形ばかりの謝罪をしても、

私達の気持ちは何も癒されません。

あれから3年経っても、いまだに被害者の気持ちを何一つ理解して貰えない・・・

悔しくて、悔しくてたまりません。

私達の救いは、3年たった今もなお、

秀輔を大切な友として、我が家を訪ねてくれる

ありがたい友人達や知人の方々がいると言う事です。

この人達からも中澤社長は秀輔という大切な人間を奪ったのです。

自分がした事が、結果がどういうことなのか、

今だに、わかっていない、

わかる気持ちがないようです。

 

コメントする

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)