~ 四十九日法要 2009年2月15日 ~

早いもので、秀輔が逝ってしまってから、四十九日が経ちました。

秀輔のボートの仲間、クラスメイト、野球や空手の仲間・・・

秀輔の大好きだった友達を招いて、四十九日の法要をしました。

秀輔の思い出を語り、これから叶えるはずであった夢を語り・・・

寂しさが一層増しました。

加害者は四十九日だということも知らないのでしょう。

2日前に失礼極まりない手紙をよこしただけで、線香をあげにくるでもなく、

現場に花を手向けることもなく、まるで何事もなかったように、

日々自分の生活をしています。

加害者のために、私達家族は大事な宝、秀輔を失ったというのに。

カテゴリーINDEX

記事一覧(最新情報)